私はシアーミュージックで歌とピアノを習った経験があります。当サイトでは公式サイトに書いてないことを中心にシアーの良いところをお伝えしますので、ぜひ教室選びの参考にしてください!

 

シアーミュージックのポイント

1.発表会が圧倒的に多い!

 

 

シアーミュージックでは生徒の発表の場を多く設けています。
シアーミュージック公式サイトを見てみる

 

私も長年、音楽を習っていたので分かりますが、歌にせよ楽器にせよ、上達に一番役立つのは間違いなく発表会です。発表会が年に1回くらいしかないと、やはり伸びは遅くなります。

 

もちろん、自分で路上ライブができるような度胸のある人は問題ありませんが、普通の教室だと、せいぜい年に1回〜2回程度しか、人前で歌や楽器を披露する機会がありません。

 

ところがシアーでは4つの発表会があります。発表会というほどでないものも含まれますが、人前で歌う機会を圧倒的に多く用意してくれています。これだけあれば、歌も楽器もどんどん伸びていくこと間違いなしです。

 

地域によって差がありますが、特に東京や東京近郊にお住まいの方はかなり多くなりますよ。

 

では以下で、シアーミュージックが開催しているライブについて1つ1つ、解説しますね。

 

エリアライブ

 

全国8ヶ所で行われるイベントです。会場は各地にあるライブハウスを1日、借り切って行われます。

 

開催が決まると、次のようなポスターが教室内に貼り出されます。

 

 

YouTubeに実際のライブ映像がありましたので、いくつか掲載しておきますね。おそらく、出場した生徒さんの友人が撮影したものではないかと思います。

 

こちらはちょうど、私が出場したのと同じ会場の映像でした。ギターの弾き語りです。四谷にある「Magic」というライブハウスです。

 

 

こちらはアニメ声の可愛い女の子。歌を聴いてみると、かなり緊張している様子が伝わってきます。ライブは1人1人、持ち時間がありますので、その範囲内であれば歌う前に話すこともできます。

 

 

リハーサルも時間をかけてきっちり行います。そして、一般のお客さんも入れるようになっています。ただ、一般のお客さんというのはほとんどが生徒さんの友達とか親だったり、本当の意味で一般の人が来る可能性は低いですけどね。

 

どこの会場でも出場できますので、あなたが仮に東京の教室に通っていても、関西や東北の会場でも出場することができます。ただし、参加できる人数が限られますし、人気イベントなので、申込みが出来るようになったらすぐ申し込むことが必要です。

 

フレンドリーライブ

 

教室内で行われるイベントです。開催は不定期で、年に2〜3回程度です。

 

こじんまりしたイベントなのですが、同じ教室の生徒さんだけが出るイベントなので、友達を作りたい人には向いているライブです。ライブというほどのものでもないのですが、それでも人前で歌うことになるので、特に初心者の人にとっては良い機会になるでしょう。

 

カフェライブ

 

原宿と大阪のライブカフェで行われるイベントです。スタジオパレットという小さな会場で、だいたい20人くらいが参加できるものですが、どこの教室の生徒さんでも出られますので、近くにお住まいの方はぜひ、積極的に参加した方がいいです。詳しくはスタジオパレットのサイトに掲載されていますので、そちらをご覧ください。

 

このライブがすごいのは、月に1回も行われる上、無料で参加できるところです。見ている人は知らない人(他校の生徒さん)が多いので、緊張感もすごくあります。どんどん活用すべきイベントです。

 

クリスマスコンサート

 

これは東京で年に1回だけ行われるもので、楽器をやっている人のみが出られるイベントです。なので、ボイトレしか受けていない人には関係のないイベントですが、見学はできますので見るだけでも勉強になると思います。

 

私は見学しかしたことがないのですが、その時は渋谷のラトリエという会場でした。グランドピアノのある立派な会場です。先生の模範演奏もありましたし、良いイベントなので、楽器を習っているならぜひ出場しましょう。

 

後でまた書きますが、歌と一緒に楽器を習っている人も多いです。あなたが現時点で歌にしか興味がなくても、習っているうちに楽器にも興味が出るかもしれません。そうなった時はこのイベントに出ることも可能になりますので、ボイトレ希望の方さんも頭に置いておきましょう。

 

特に東京やその近郊にお住まいの方は、ライブの数がかなり多いです。こうした機会を積極的に活用し、どんどん上達してしまいましょう!

 

2.先生を「本当に」選べる

 

先生を選べない学校があるの?

 

普通、ボイトレ教室は先生が複数、在籍しているので、先生を選べるのは当たり前と思うかもしれません。

 

しかし実際は、教室の都合で先生をあてがわれたりすることもありますし、レッスンの直後に次のレッスンの予約を取ることも多く、なかなか「先生を変えたい」という希望を伝えるのが難しいことがあります。

 

でもシアーの場合、レッスンの予約はネットの会員ページからしか出来ませんので、その煩わしさがありません。

 

入会すると、こういうマイページが出来ます。レッスンの予約やキャンセル、変更はすべてこのページから行います。

 

 

こちらは予約の画面です。ある1人の先生の予約画面ですが、レッスン可能な時間帯が出ていますので、そこから選んで予約を取ります。

 

 

過去に受けたレッスンは、こちらで確認することが可能です。

 

 

このような方式になっていうため、先生を変えるのは簡単なのです。

 

ただ、レッスンを受けないと決めた先生がいる場合、教室で顔を合わせた時に気まずいというがあるでしょうから、最初は色々な先生のレッスンを受けておくといいでしょう。そうしますと、ウマが合わない先生がいたとしても、さとられずに済みます。

 

先生は定期的に変えた方がいい

 

ただ、いくらお気に入りの先生が見つかったとしても、先生は定期的に変えた方がいいです。

 

私の経験から、音楽をやっている人は性格が良いことも多いです。そのため、その先生が人として気に入ってしまうと、ずっとその先生のレッスンを受け続けることになりがちなのですが、上達のためには先生を定期的(半年とか1年)に変えていくことも必要だと考えています。

 

先生が違えば教えるポイントも変わります。シアーでも月に1回、先生から研修のようなミーティングがあると聞いたことがありますが、どこの教室でも(シアー以外の学校のこと)、先生の個人の能力や裁量によって教える内容は実質的に決まると思っていた方がいいです。

 

ちなみにシアーの先生方というのはこんな感じです。これも札幌校の動画ですが、私が在籍していたところもだいたい同じ年齢層・雰囲気でしたので、まずどこへ行っても大きな違いはないでしょう。

 

 

なお、マイナーな楽器の場合は1校に在籍する先生の数が1人ということがありますので、その場合は選びようがありませんので注意してください。

 

「講師の質」って何?

 

教室(シアー以外の学校のこと)によっては「講師の質」をウリにしているところがありますが、あなたがもし、本気でプロ歌手を目指しているとかではなく、趣味の延長で歌を習おうと思っているのでしたら、そんなのは全く気にしなくていいです。

 

それより、先生を選ぶ上で一番大事なのはずばり「レッスンが楽しいこと」です。そして、若い先生ならだいたいこの要素を持っています。

 

私はあえて年配の先生が多い教室を選んで入ったことがあるのですが、この要素が足りずに半年でやめたくなってしまいました。講師はやはり30歳前後の人が一番だと思います。

 

3.歌も楽器も一緒に習える

 

 

歌の上手い人は楽器も同時にやっていることが多いです。これは、楽器を練習することで音感が良くなっているからではないかと推測します。

 

以前、テレビでさだまさしさんが歌唱コンクールの審査員をしていた時、出場していた中学生くらいの学生さんに「楽器をやりなさい」とアドバイスしていました。これはまさに同感です。

 

私は弾き語りがやりたくてピアノを習い始めたのですが、やっぱり、同時に習うことのメリットは多くあります。

 

ボイトレ教室は、ボーカルのレッスンしか受けられないところも多いですが、同時に習えるシアーのような教室の場合、その気になった時に他の教室と同時に通う必要がなくなりますので、そういう意味でも便利ですよ。

 

4.レッスン代が安い

 

 

ボーカルレッスンの一般的な相場ですが、およそ、60分で4,000円〜5,000円くらいと考えてください。

 

シアーの場合、単価は月2回だと5,000円、3回だと4,500円、4回以上だと4,000円となります。

 

ちなみにレッスン時間は一般的に45分か60分のところが多いです。

 

それで、料金が安いかどうかを判断する時に大事なポイントが1つあります。それは「正味レッスン時間」です。

 

60分と言っていても、最初の15分はCDを使った自習のところもありましたし、5分くらい前に終わって次の予約を取る時間に当てられているところもあります。

 

相場の比較をする上では、実際に先生がついてレッスンをしてくれる時間が何分なのか、というところを無視してはいけません。

 

シアーの場合、45分というのは先生がついてくれる時間=正味レッスン時間です。このくらいはないと、レッスンの進みが悪いですので、最低でもこのくらいの時間がある教室を選ぶことが大事です。

 

あと、1レッスンの料金だけで判断しない方がいいです。前述してきたとおり、特に発表会が充実していることはシアーミュージックの大きなウリの1つなので、そのあたりも含めて判断することが大事です。

 

5.空いているブースを借りられる

 

これは月4回以上、レッスンを取っているか、レンタル権を買っている人だけですが、空いているブースがあれば、予約をして使うことができます。私はレッスン前によく予約をしてウォーミングアップをしていました。

 

以上がシアーミュージックについて、元生徒としてお伝えしたいポイントです。興味を持てたなら、無料体験レッスンにぜひ、行ってみましょう。

 

>>シアーミュージック公式サイト

 

無料体験レッスンを受ける前に知っておいてください

以上を読んでシアーミュージックの無料体験レッスンに行ってみようと思った方へ、いくつか知っておいた方がいいことをお伝えします。

受け付けがないことがあります

 

 

これは私もちょっと戸惑ったのですが、シアーの教室には受け付けがないことがあります。

 

シアーでは、教室に入ると待合スペースのような場所があり、レッスンの時間になると先生が奥の控室から迎えに来るという方式を取っています。そのため、知ってしまえばなんてことないのですが、初めてだと戸惑いますので注意しておいてください。

 

そのため体験レッスンの時もソファーに座って何もせず、時間が来るまで待っていればいいです。もし他の生徒さんらしき人がいたら、声をかけて聞いてみるといいですよ。時間になれば無料体験レッスンを担当してくれる先生が出てきます。

 

どうしてこういう方法を採用しているのかと言えば、おそらく、経費削減のためでしょうね。その分、レッスン代も安くなっていると思えば気にならないでしょう。

 

銀行のキャッシュカードを持参しましょう

 

 

シアーに入学することになればレッスン代を毎月支払うことになりますが、支払方法は銀行引き落としです。

 

通常、銀行引き落としの手続きをする時は、用紙に銀行名や口座番号などを書いて提出するのですが、シアーの場合、その場でキャッシュカードを読み取って手続きを完了させることができる端末があります。そのため、いちいち書類に記入する手間がなくてラクなのです。

 

もちろん体験レッスンは、その場で入学することを強制するものではありませんので、キャッシュカードを読み取るまで帰らせてもらえないなんてことはありませんので大丈夫ですよ!

 

音痴でも、初心者でも大丈夫。

 

 

歌を習いたいという人の中には本気でプロ歌手を目指している人もいるでしょうが、音楽教室にいく人の多くは趣味で習いたいという程度の人が多いのが実際のところです。

 

ですから、歌でもピアノでもギターでも同じですが、初心者の人が多くやってきます。私もピアノを習う時は経験ゼロでした。みなさん、優しく教えてくれますので特に心配は要りませんよ!

 

>>無料体験レッスンはこちらから申込みができます

 

 

ネットで情報を集めようと思っても限界があります。

 

気に入らなければ断ることもできますし、その場で入学を決めないといけないわけでもありませんので、興味を持ったら気軽に無料体験レッスンを申し込んでみてくださいね。